ホメオスタシス ~自分を構成する出来事について

こんばんは、yumi です。

 

わたしは、裕福ではない幼少時代を、たくさんの夢を見て過ごしました。

絶対に、シンデレラや眠れる森の美女のプリンセスのように、

いつかしあわせになって、

彼女たちのようにステキな王子様があらわれることを、信じて疑いませんでした。

f:id:yumiring3131:20180428010540j:plain

 

お姉ちゃんになったら、幸せになれる

そう、こんな暮らしからは脱出できると思ってました。

 

なんの心配もない、暖かな部屋で、

夢にみてた、素敵な暮らしをできるって、

まったくうたがってなかったのです。

 

大人になってもなにも変わらない

でも現実は、全然違ったようです。

いつまでもずっと同じ経済環境の中で生きてたし、

いつまでもずっと幸せになれないマインドの中で生きてました。

 

キラキラした人たちが、世の中にあふれる中、

なんでわたしはこんな底辺で生きているのか、そこに理由があるとはわからず、ずっとそこで苦しみながら生きてました。

 

そこに心の防衛システムや、ホメオスタシスが働いてるなんて、30代の時はまったく気づかなかったのです。

 

ホメオスタシス

「恒」という漢字がつくものに初めて意識が行ったのは、
人間が、「恒温動物」であるというものからでした。

しかも、「動物のお医者さん」(マンガ)を読み返してから・・・笑

 

【恒温動物】

どんなに冷たい空気の中にいても、どんなに冷たい水の中に指をつけても、また元の体温のところまで自動的に戻ってしまう。

 

「へぇー」。

(おそい。どんだけ勉強してないのか(笑))

 

どんなにがんばろう、しあわせになろう、

あのキラキラした世界の住人になろう!って思っても、

心は「いままでの状態の方が安心だよ!いままで生きてこれたじゃん!」って、新しい変化を拒絶してしまう。

せっかくがんばって努力をしても、またすぐに元の状態に戻ろうとしてしまう。

 

そしてまたふりだしに戻る。

なんどもなんども、いつも同じ。

 

しあわせでない恋愛まで繰り返してしまう。

ああ、これか、って。

 

いつもひとりでがんばらないといけない幼少時代

そうすると、ずっとひとりでがんばってきた、

守ってくれる大人がいない世界を、また繰り広げてしまう。

守ってくれる男性がいない世界を作ってしまう。

 

「いいよ、自分でがんばれるよ」

「いいよ、わたしは大丈夫だよ」

「いいよ、ひとりでできるよ」

 

そうやって、本当のしあわせからどんどん自ら遠ざかってしまって、

自ら遠ざかってしまっているのに、

「誰もしあわせにしてくれない」ってところにおさまって、

 

ほら、居心地いい。。。

 

 

おかしいよね、こんなの。

いままで全然気付かなかった。

心理学の世界に飛び込んでよかった。

 

これからたくさんのステキな時間を迎える世代の人たちに

だからわたしは、もっともっと、この心の世界をたくさんの人に知ってもらいたい。

仕組みを知らない人には、仕組みを知ってもらって、

仕組みを知っている人には、たくさんの方法をシェアしあって、

 

これからたくさんのしあわせな時間を迎える、

もっと若い世代の人たちに、

もっともっとどんどんどんどん、しあわせになってほしい。

 

だから、ちょっとずつ発信していけたらいいな。

3日坊主にならないようにしなきゃ。てへ。

 

 

Share!
スポンサーリンク
by
スポンサーリンク



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)